懐かしいですね。Joan Baez ジョアン・バエズさん !!

また古いネタですいません。私の学生時代に反戦ソング・ライターであった方です。

彼女が3月にサンパウロ公演しました。

ボブ・デランの最初のパートナーでした。「黒いオルフェ」の主題歌や「ドンナ・ドンナ」などよく歌ったものです。サンパウロでも今の労働党創設者の1人であるのスプリシ上院議員がまだ若かりし頃に交流があったようです。彼の息子さんもロック・シンガーです。

彼女は反戦シンガーである前に、1人の人間であり、女性であるとの宣言もカッコよかったです。
でも、思い出すのは、日本公演でファンから、たくさんのプレゼントをもらった時になんと「馬鹿な
子たちね。持って帰れないことわかっているのに」と言った言葉でした。

突然ですが、それに比べて島倉千代子さんのファンからの贈り物はすべてガラスケースに収まっていました。島倉さんは北品川、私はその当時南品川に住んでいました。
「この世の花」全盛時代でした。

廊下全面のプレゼントの数々に圧倒されました。これはMaboroshiだったのか・・・・
懐かしい思い出です。

バエズさんのライブにはいけませんでした。今でも相変わらずの美しい声ですね。

筝曲「春の海」が流れましたね。

なんとアイドルの「魂のリクエスト」というラジオ番組の新年放送を今聞いています。
お正月的な雰囲気がでる邦楽ということでしょうか。

先生や先輩のお琴は安心して聞けます。私のレベルですと聞いてくださる
お客様も演奏者自身も不安で不安で・・・緊張の連続・・・・筝曲を楽しむ
雰囲気ではなくなります。悲しいかな・・・でも日本人であってよかった
とおもいます。琴線に触れるとの言葉もありますね。

調弦されて出番を待つお琴です。
ずらっと並んだお琴を見るのが好きです。
ありがとう、心をこめて弾きますね。

大丈夫????ワールド・カップ

ワアールド・カップまで1ヶ月をきりました!
でも準備がまだまだです。フォーリャ・デ・サパウロ紙のチャージからとりました。
私はいつも感心して楽しくみています。著作権にひっかかるかもしれませんが、よく状況を表しているので・・・お借りしました。

ジルマ大統領お孫さん、オバアチャン 選手のカードは全部集まったよ。でも
アレーナ(競技場)のカードがないの。まで出来上がっていないからね。
なんと12アレーナの41%しか完成してません。
交通機関のほうも心配です。

これは外国からのお客さまが、ブラジルの治安のニュースを見て、飛行機から
降りずに、機内のTVで観戦することに!皆が賛成しています。
やはり治安問題が一番ですね。
ジルマ大統領は国家・州・市警察や軍隊までかりだしても治安維持の覚悟でしょうね。

左側はワールドカップのグッズを売り歩いています。
右側はプロテストの時の釘つき棒や警察官に投げる石や自転車の防犯カギを
売り歩いています。アーアーです。

国民の40%近くがコッパ開催に反対し、プロテストが続いています。先日2日間に渡り、
サンパウロ市はカオス状態でした。3000台のバスのストのため2千万人の足が奪われ、
自動車の渋滞は261KMに、14万人の学生が休講、商業被害は2千万レアルと
発表されました。


私はどうするかって?コッパの期間中は治安のいい国、
本当は台湾でのアイドルのライブにいきたいのですが。
ちょっと無理なようです。喧騒を離れて休養です!

ではワールドカップをお楽しみください。
ブラジル人の国民的娯楽ですから・・・・





福山さん新曲 暁 翻訳

福山さん最新の曲です。
大変、深刻な内容ですね。「どんな悲しみも
苦しみさえも生きてく力に出来ると」その通りですね。

私も格好つけていいですか。
「行け、さあ、お行き、と鳥は言った。人間というものは本当の現実に耐えられないのだからと」
エリオット


今回の翻訳も、仕事もこなしながら、お母さんの介護をしてるスーパー・アリッセがしてくれました。
いつもありがとう、感謝です。



O Alvorecer

Não há Vida sem nenhum sobressalto
Por mais que aconteçam coisas odiosas culpando o Deus...

Eu acredito. Se for você, qualquer tristeza,
Qualquer sofrimento, poderá transformá-los em energia para viver.

Por mais que a luz do Sol que ilumina o seu coração
Esteja se desvanecendo.

Sem conseguir realizar o sonho, “Sou incapaz” contemplando o céu da noite
Quanto mais escura essa treva, as estrelas brilham mais intensamente

Será que posso ser presunçoso?  A falha é fugir
Por medo das coisas que busca

Se as estrelas desta noite brilham ofuscadamente
Acredite. Ainda conseguirá lutar.

Poderá zombar-se de mim, mas ouça-me
Por mais que as pessoas sejam frágeis,
Conseguem apoiar pelo menos uma.

Tem gente que precisa de você
Está aqui quem precisa de você

Você com certeza tem essa energia,

O Sol sempre se levanta
Como se não se preocupasse com a nossa presença
O hoje de novo vai começar



Loading...

ようこそ

Blogには航海日誌という意味もあるとか。それならば人生の航海日誌を日々の何気ないできごとにたくして、人生の終盤を私流に生きていますということを、ちょっとかっこつけて、書いてみようと思い立ちました。サンパウロに住む利点を生かし、まったく個人の目からみたこちらのニュースも流します。もう一つ、自他共に許すあの福山さんの大ファンなので、彼の発言をだしに、一言申し上げる所存でもあります。反発され、石が飛んでくるかも知れませんね。

About this blog

自己紹介

学生運動の最盛期に卒業し、移住。血液 AB型 趣味 お琴・コーラス・読書

フォロワー