サンパウローリオ間弾丸列車

●超高速列車を走らせよう!

  今、2014年のワールド・カップと2016年のリオ・オリンピックを目指して、リオ=サンパウロ間に高速鉄道( trem alta velocidade )を走らせようという計画あり。スペイン・ドイツ・フランス・中国公社や韓国からはサンスイとヒュンダイ、日本からは三井、東芝、日立、三菱、日鉄と大手が勢ぞろい。獲得戦激化!国内の会社は建設ノウハウを持たないため、外国会社とのジョイントを進めているとのこと。(邦字紙・サンパウロ新聞 www.spshimbun.com.br)当然ながら、当地の企業優先、なおかつ技術力アップにつながるやり方を求めている。日本企業がしとめるといいですね。

当地の最大発行部数を誇る一般週刊誌「Veja」(www.veja.com.br)の人気コラム欄に日本の新幹線体験の記事が出た。ウオルシル・カラスコ(Walcyr Carrasco)氏は次の連続TVドラマの取材のため、訪日。東京―名古屋-大阪を新幹線で何度も往復し、 なんて快適な交通機関だろう、なんでブラジルに作らないのかと。

  特に、ほぼ10分間隔に走り、待ち時間もなく、予約も不必要、礼儀正しい乗務員、車内販売の利点などを挙げる。リオとSP間の飛行機利用と比較し、精神的なイライラもなくなり、経済効果もあがり、二都市住民の生活の質向上に貢献するとも。
唯一つ、乗務員さんや売り子さんがワゴンに入るときと出る時に、丁寧にお辞儀をしますが、
なんだかこそばゆい感がします。元日本人になったのかな。

ヒロシマのバラ


●ヒロシマのバラ

A Rosa de Hiroxima Vinicius de Moraes


Pensem nas crianças     ものいえぬ子どもたちのことを考えよう
Mudas telepáticas        
Pensem nas meninas     ものみえぬ少女たちのことを考えよう
Cegas inexatas        暴力的に日常生活が変わってしまった  
Pemsm nas mulheres     女性たちのことを考えよう
Rotas alteradas        傷ついた人々のことを考えよう
Pensem nas feridas      獄熱の中のバラのように
Como rosas cálidas        

Mas oh não se esqueçam    ああ バラのなかのバラ
Da rosa da rosa        ヒロシマのバラを忘れてはならない
Da rosa de H iroxima 
A rosa hereditária       遺伝子を持ったバラ
A rosa radioativa       放射能を浴びたバラを
Estúpida e inválida      愚かで価値のない硬変症のバラ
A rosa com cirrose         
A anti-rosa atômica     原子爆弾にやられた
Sem cor sem perfume     色も香もない
Sem rosa sem nada      バラでもなく何ものでもないバラのことを


名曲・イパネマの娘の作詞者として有名なヴィニシウス・モラエスさんの詩に1973年Gerson Conradさんが曲をつけました。Band Seco e Molhadosが歌っています。とてもやさしい透き通るような声です。Youtubeに入って聴いてください。2009年雑誌「Rolling Syonr brasileia」で100曲の69位に選出しています。

ネイ・マットグロッソさんも歌っていますよ。

http://letras.terra.com.br/ney-­­­matgrosso/47735/

Loading...

ようこそ

Blogには航海日誌という意味もあるとか。それならば人生の航海日誌を日々の何気ないできごとにたくして、人生の終盤を私流に生きていますということを、ちょっとかっこつけて、書いてみようと思い立ちました。サンパウロに住む利点を生かし、まったく個人の目からみたこちらのニュースも流します。もう一つ、自他共に許すあの福山さんの大ファンなので、彼の発言をだしに、一言申し上げる所存でもあります。反発され、石が飛んでくるかも知れませんね。

About this blog

自己紹介

学生運動の最盛期に卒業し、移住。血液 AB型 趣味 お琴・コーラス・読書

フォロワー