トミエ・オオタケ美術館

トミエ・オオタケさんは今年97歳になる現代ブラジル美術界を代表するアーティストです。

表現分野も絵画、鉄などの金属によるオブジェ、リトグラフィー、版画など広範囲にわたっています。
この美術館小規模ながら、現代美術の普及活動には目を見張るものがあります。

今月は「フィンランド・デザイン展」 が開かれています。家具・食器・衣装等など、その基調にはシンプルライフ +シンプル・デザインスピリットがいっぱい。洋服や布地のコーナーが素敵でした。
http://www.institutotomieohtake.org.br/

ユニークな美術館は著名な建築家であるご子息Lui Ohtake氏の設計。

トミエ・オオタケさんは貿易商のお兄さんに会うためにブラジルに来伯。第二次世界大戦が始まったため、帰国できず、当地で生活を始める。

40代になってから、絵筆をもち、抽象画で成功します。
ブラジルで最初に感じた強い太陽エネルギーから、黄色が焼き付けられ、今でも 黄色や原色を好んで使っているとか。


興味あるインタヴュー記事をみつけました。http://www.jornalmemai.com.br/


 浮世絵の影響を受けましたかの質問に「浮世絵は江戸偉大の庶民の生活・美人が・風景画を題材にしており、私のはアブストラクトですが、ある一瞬をとらえて美術化したことは同じこと」、

ヨーコ・オノ氏からジョン・レノン表敬の彫刻を頼まれたこと。禅仏教の影響、公共の場所で展示される作品論などおもしろいです。

ちょうど10年ほど前に、ちょこっとお話しする機会がありました。

「毎日カンバスにむかっているか、なにか作っていますよ」とのお返事に、アーティストの情熱と普段の努力にすごいなあーーと思ったことがありました。

2012年までにもう一人の有名画家マナブ・マベ美術館が東洋人街に出現します。元学校の建物を利用したもの。楽しみです。


Posted by Picasa

0 コメント:

コメントを投稿

Loading...

ようこそ

Blogには航海日誌という意味もあるとか。それならば人生の航海日誌を日々の何気ないできごとにたくして、人生の終盤を私流に生きていますということを、ちょっとかっこつけて、書いてみようと思い立ちました。サンパウロに住む利点を生かし、まったく個人の目からみたこちらのニュースも流します。もう一つ、自他共に許すあの福山さんの大ファンなので、彼の発言をだしに、一言申し上げる所存でもあります。反発され、石が飛んでくるかも知れませんね。

About this blog

自己紹介

学生運動の最盛期に卒業し、移住。血液 AB型 趣味 お琴・コーラス・読書

フォロワー