新曲 クスノキのポルトガル語訳 

8月は広島・長崎に原爆が投下され、日本の敗戦で第二次世界大戦が終わった月ですね。
今度、被爆二世の福山さんが「クスノキ」という歌を出しました。
長崎にある被爆したクスノキで、今でも元気に天に向かって伸びているとか。
大地にしっかりと根をはって、動かない自然の強さを歌っています。
なんだか賛美歌風ですね。
戦中派ですが、異郷でもしっかり生きていますよ。

いつものとおり、若い友人アリッセの翻訳です。鎮魂歌なので、古いポルトガル語を
使ったそうです。いつもより難しい歌詞だそうです。
いつも翻訳ありがとう!感謝!!


クスノキではありませんが、ブラジルの老木です。






O Pé de Cânfora


Minha alma enraizada neste solo

Deteriorar-se-á jamais, tombar-se-á jamais.

 

Eu, nesta colina, nesta colina, viverei

Por longos anos, na graça do tempo,

Junto com o sussurro dos pássaros,

Apenas observando a vida das pessoas,

A sua alegria, a sua tristeza.

 

Minha alma não será levada

Por mais que este corpo seja rompido,

Por mais que seja queimado.

 

Apenas me exponho, passivamente,

Na brisa, na onda de choque,

Na chuva intermitente, na chuva negra.

Estarei apenas almejando o firmamento.

 

Minha alma enraizada neste solo

Entoa o clamor do viver,

Através do som das folhagens que farfalham.

 





0 コメント:

コメントを投稿

Loading...

ようこそ

Blogには航海日誌という意味もあるとか。それならば人生の航海日誌を日々の何気ないできごとにたくして、人生の終盤を私流に生きていますということを、ちょっとかっこつけて、書いてみようと思い立ちました。サンパウロに住む利点を生かし、まったく個人の目からみたこちらのニュースも流します。もう一つ、自他共に許すあの福山さんの大ファンなので、彼の発言をだしに、一言申し上げる所存でもあります。反発され、石が飛んでくるかも知れませんね。

About this blog

自己紹介

学生運動の最盛期に卒業し、移住。血液 AB型 趣味 お琴・コーラス・読書

フォロワー