「緑の山」へ 

ネーミングはどの分野でも大切なこと。

サンパウロ市にも「死んだ鶏」なんていうひどい名前の地区があります。それも高級住宅地ですが。











それに比べ「緑の谷」モンテ・ベルジMonte Verdeなんか素敵なイメージですよね。昔「我が谷は緑なりき」などありましたっけ? 古い・・・

いつか行きたいなと思ってた場所でした。サンパウロ州とミナス州とリオ州にまたがるマンチ・ケイラ山脈の一部です。標高2800mの場所。ケイタイも不通。昔々はハネムーンのメッカだったとか。

ある有名な製紙会社の農園(ユーカリからセルロースを採取)の中にあるシャレーに泊まりました。












緑一色の山々、ユーカリ林、聞こえるのは鳥の声、夜はカエルの声、静寂そのもの!園内はみごとなあじさい群!うるさい大都市サンパウロから逃れて、本当に、本当に命の洗濯でした。

ア、ちなみに「緑の谷」はここに最初に入植したリトアニアのグリーンベルグ氏(緑+山)の名をとっています。

0 コメント:

コメントを投稿

Loading...

ようこそ

Blogには航海日誌という意味もあるとか。それならば人生の航海日誌を日々の何気ないできごとにたくして、人生の終盤を私流に生きていますということを、ちょっとかっこつけて、書いてみようと思い立ちました。サンパウロに住む利点を生かし、まったく個人の目からみたこちらのニュースも流します。もう一つ、自他共に許すあの福山さんの大ファンなので、彼の発言をだしに、一言申し上げる所存でもあります。反発され、石が飛んでくるかも知れませんね。

About this blog

自己紹介

学生運動の最盛期に卒業し、移住。血液 AB型 趣味 お琴・コーラス・読書

フォロワー